スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone6 シャーシ問題で出荷遅延?

iPhone6の販売が間近になってきましたが、正反対の情報が流れたりして情報が錯綜しています。
当初の噂では5.5インチのiPhone6は4.7インチよりも2,3ヶ月遅れて販売開始されるという噂でしたが、昨日の情報では同時販売が可能という記事を紹介しました。

そして今日は、4.7インチのiPhone6の販売が延期される可能性があるという噂が流れています。
これは製造上の問題に起因することであり、出荷数が大幅に少ない可能性があるようです。

今回の問題は、4.7インチのシャーシの製造を担当しているCatcher社製のシャーシに、小さな亀裂や傷が存在しアップルの基準を満たしていないようです。
原因は陽極酸化処理の工程にあるようです。
この問題の対策に2,3ヶ月要するため、FoxconnとJabilに担当を変更したようです。
ただし、Jabilはそれほど大量生産するキャパシティを持っていないので、Foxconnの能力に頼ることになります。

実際に販売が開始されないと詳細は不明ですが、どのようになるのでしょうか?

[ソース:gforgames]