スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhoneのアクティベーションロックの成果

世界的にハインドモデルのスマートフォンの盗難が大きな問題となっています。
この問題に対して、Galaxy S5ではリージョンロックなどの機能を搭載しています。
これは契約者にも不便なシステムとなっています。

一方アップルは、iOS7からアクティベーションロックと呼ばれる新機能を搭載しました。
この機能もiCludの問題でロックが解除されてしまう場合があるようですが、今回一定の成果が上がっていると報告が行われました。

ロンドンとサンフランシスコの警察は、この機能が導入される前後の6ヶ月を比較した場合、導入後にiPhoneの強盗件数が前後6ヶ月で24%と38%も減少したそうです。
またニューヨークでも19%強盗が減少し、2013年の同時期と比較すると29%も減少したそうです。

アップル以外のメーカーも、そのキルスイッチを比較続々と導入しているので、スマートフォンの強盗の件数が減少することが期待されています。

[ソース:new york times]