スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル 次期iPad用部品の量産開始

アップルの次期iPad Air2向けの部品の量産が今月から続々開始されています。
まずは、ディスプレイの量産が今月から。
来月は、アプリケーションプロセッサ、カメラモジュールなどの主要部品。

ディスプレイの量産を請け負っているLGディスプレイは、今月中旬からiPad Air2用の9.7インチの量産に入ります。
ディスプレイは、iPad Airと同じ2048×1536の264ppiです。
サムスンディスプレイとシャープは、アプリケーション来月から量産に入るようです。

前回のiPad Airの量産は8月から開始され、10月に販売開始されました。
今年は2ヶ月早く量産が開始されているので、昨年よりも販売次期が早まるかもしれません。

[ソース:etnews]