総務省 今後の電波割当について その1

2014年10月9日

通信関係について色々総務省で話し合われています。
この会議は、今後のMNPなどの動向に大きな影響があるので注目しています。
前回は、SIMロックや料金の問題について話し合われていました。

2014年5月30日に、ICT基盤制作特別部会が開催され2020年に向けてどうしていくかの検討が行われています。
その中でも特に面白いと思ったことを紹介します。

まず今後電波の割り当てなどでは、グループの概念を考慮することを検討しているようです。
単純にグループでシェアを見た場合、NTTグループが圧倒的とはいえなくなります。

image

また電波保有状況も、グループ別で見るとガラリと状況が変わってきます。
image

さらに周波数帯域幅で見た場合、個別でみるとほぼ3社ともに同じ程度になっています。
ところがグループ別で見ると、ソフトバンクが圧倒していることがわかります。

image

最後に現在検討中のグループ化の定義を当てはめる、ソフトバンクにはかなり不利になるかもしれません。
image

[ソース:総務省]