スポンサーリンク

スポンサーリンク

2014年タブレット販売は大幅に減速と予想

調査会社のIDCは、2014年のタブレット販売数が大幅に減速すると発表しました。
2013年は51.8%増でしたが、2014年は12.1%増と大幅に落ち込むようです。

このように予想した理由としては、2つあります。
1つは、予想よりもはるかに長期間同じタブレットを使用しています。
また家族間で貸し借りしていて、新しいタブレットを購入していません。

もう1つは、phableの台頭とスマートフォンの大型化です。
これによりタブレットは、両方からプレッシャーを受けることになります。

実際にphableは2013年のQ1は4.3%増でしたが、2014年Q1は10.5%増と倍増しています。

tablet-market-forecast

[ソース:9to5google]