スポンサーリンク

スポンサーリンク

Galaxy Gear OSをAndroidからTizenに変更

サムスンが初代のGalaxy Gear(SM-V700)を従来のAndroidからTizenへのアップデートを開始しました。
ソフトウェアバージョンは、2.2.0です。
Tizenにアップデートすることで、パフォーマンスやバッテリ寿命の改善、音楽プレーヤ、音声コマンドが追加されています。

このアップデートで、Galaxy Gear2やGear2 Neoとほぼ同等の機能を開始持つようになります。

アップデート自体は頻繁に行われますが、OSをまるごと入れ替えるのは珍しいです。
当然入れ替えるメリットが大きくないと行けませんが、今回はどうのでしょうか?

[ソース:sammboile]