スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワイヤレス充電の今後

スマートフォンにもワイヤレス充電の採用が徐々に広がってきているようです。
日本ではドコモがQiを採用した端末を販売していますが、auもTORQUEに採用しました。

ところで世界を見た場合、ワイヤレス充電の規格としてPMA、Rezence、Qiと3つの規格が乱立しています。
このため、なかなか普及が進まない原因の1つとなっているようです。

この3つの規格に対応したパワー・マネージメントチップBCM59350をBroadcomが発表しました。
1つのチップで3つの規格全てに対応できるので、この乱立した状況の打破に役立つかもしれません。
ただし、マルチに対応すると当然コストアップにつながるので、そのあたりをどう回避するのかが問題となるかもしれません。

[ソース:Broadcom]