スポンサーリンク

スポンサーリンク

iOSユーザー身代金目的でデバイスロックされる

先日iCludのバグのせいで、デバイスロックが無効化されるという記事を書きました。
逆にいうと、デバイスロックをかけることも可能なのですが、実際すでにハッカーによって行われているようです。

現在確認されているのはオーストラリアのマックユーザーで、身代金の金額は50ドルから100ドルです。
この攻撃が開始されたのは昨日からのようで、1つのデバイスだけではなく、そのユーザーの全てのデバイスをロックされたようです。
このことからiCloudのアカウント乗っ取らと推測されます。

ハッカーは、iPhoneを探す機能を使用しているようなので、デバイスにパスコードを設定していたユーザーはアクセスを回復することができています。
パスコードを設定していない場合は、アップルに連絡してiCloudアカウントの回復してもらい、AppleIDのパスワードとセキュリティの質問をリセットするべきです。

まだこの攻撃を受けていない人は、以下のことを実施してください。

1.それぞれ異なるパスワードを使用してください。
iCloudやGmail、Facebookなど複数のサービスで同じパスワードを使用するのは大変危険です。

2.2段階認証を使用してください。
2段階認証を使用することで、オンラインセキュリティを向上させることができます。

3.iOSデバイス上でパスコードやTouchIDを使用してください。
これらを使用することで、仮にリモートでロックされても悪意のあるユーザーの攻撃を防ぐことができます。

今回iCloudをハッキングした手法が不明なのですが、マルウェアやパスワードの使い回しによってハッキングを受けたのかもしれません。
各デバイスの連携やクラウドを利用すると大変便利なのですが、ハッキングされてしまうと被害も甚大になります。
便利さを取るか、安全を取るか難しいところです。(; ̄Д ̄)

1401164873077

[ソース:9to5mac]

appleapple

Posted by mobilego