スポンサーリンク

スポンサーリンク

T-Mobile Sprintを追い抜く

以前、T-MobileがSprintを2015年には契約者数を追い抜く可能性が高いことを紹介しました。

そのような状況で、T-MobileのQ1の端末買い付けが600万台とSprintの500万台を追い抜いて、アメリカ第3位となりました。
アメリカのスマートフォン普及率は87%に達しています。
そのためT-MobileやAT&TやVerizonは端末代金と通信料金を分離したりして、端末代金の分割払いなどを実施することで、契約者負担を減らすキャンペーンを実施しています。

Sprintは明らかに需要不足に陥っているために、何らかの打開策を講じる必要があります。
が未だに有効な打開策を打ち出せていない状況です。

恐らく孫社長としては、T-Mobileを買収することがその打開策と考えているのではないでしょうか?
ただこのままだと、買収する前にSprintの方が持たないかもしれません。

 

[ソース:reuters]