スポンサーリンク

スポンサーリンク

台湾INNOLUXがiPhone6にパネル供給か?

台湾のLCDメーカーのINNOLUXがアップルの次世代iPhoneの4.7インチディスプレイパネルを供給することになったようです。
どうやら、サムスンとシャープは脱落したようです。
iPhone6のディスプレイパネルの供給メーカーとしては、LG電子とジャパンディスプレイの2社が供給することになっています。
ところが、この2社だけでは需要を満たせないと考え、3社目を探していたようです。
この3社目として、シャープ、サムスン、INNOLUXが争っていたようですが、INNOLUXが契約を勝ち取ったようです。

シャープは、テスト時に品質上の問題が発生したために脱落しました。
この問題とは、モアレだと言われています。

サムスンについては、アップルと特許問題で争っていることから脱落したようです。

個人的には、INNOLUXよりもシャープがまたも品質問題を抱えているということが気になります。
iPadの時もそうですが、どうも以前のシャープから考えると製造の技術力が落ちているのではないでしょうか?

[ソース:gforgmaes]