スポンサーリンク

スポンサーリンク

韓国 スマホ世界シェア1位から陥落予定

過去数年にわたって、世界のスマートフォンの市場シェア1位を韓国が占めていました。
ところが2年後には、この座を中国に明け渡す可能性が高まってきたようです。

現在中国は、世界シェア28%で第2位に位置しています。
しかし中国国内では、すでに65%で第1位になっています。

中国が世界シェア1位になる可能性が高まった理由は以下の2点です。
1.世界最大のスマートフォン市場であること
2.スマートフォンの製造拠点の役割を中国持っており、部品調達、技術などが蓄積されていること

中国が世界第1位のシェアを獲得するのは、恐らく時間の問題だと思われます。
ただし、中国が世界第1位のシェアを失うのも比較的早いのではないでしょうか?
これは、すでに中国が急速な高齢化が進んでいる反面、東南アジアの平均年令はまだまだ若いからです。

[ソース:ETNEWS]