スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone6は従来iPhoneより50%高い

ちょっと信じられないのですが、5.5インチのiPhone6は従来のiPhoneより50%高い142万ウォン(約140,000円)となり、総生産台数も1000万台にとどまるそうです。
この超高価格になっている原因は、サファイアガラスの製造原価が高いためです。

5.5インチ(正確には5.44インチ)のサプライチェーンの情報によると、使用されるサファイアガラスの価格だけでも280ドルに達するそうです。
iPhone5sに使用された4インチのRetinaディスプレイの価格は44ドルなので、6.4倍も高いことになります。

アップルは、サファイアの不足のために、サファイアモデルは64GBのプレミアムiPhoneモデルのみ適用する予定のようです。
また別の報道では、iPhone6ではサファイアの使用を断念し、子供向けのスマートウォッチに限定して使用するという噂も流れています。

たださすがに、この価格では購入する人は限定されるでしょう。
特に最近のAndroidのハイエンドモデルの低価格化の傾向をみるとなおさらです。

単純にアップルの利益率を大幅に下げれば、価格もそれなりになるのではと思いますが・・・。(; ̄Д ̄)

[ソース:ZDNet Korea]