スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマートフォンの作り方

スマートフォンを設計する際に、どのように部品を配置したりするか大変重要になります。
現在、2013年に出荷されたスマートフォンのうち、1/3以上がチップベンダーのリファレンス・デザインに則って設計されています。
200ドル以下の端末では、この割合が69%に上ります。
これは、設計による差別化よりも価格優先の戦略によるところが大きいようです。
現在では、エントリーレベルのスマートフォンではNokia、サムスン、HTC、LGなどもこのリファレンス・デザインを使用し始めています。

なお予想では、2019年までにスマートフォンの出荷台数の2/3以上がリファレンス・デザインに基づいた設計になると予想されています。
さらにそのうち23%は200ドルよりも高い価格帯のスマートフォンであると予想されています。

なお、ハイエンドモデルでもリファレンス・デザインは存在しますが、これは受け入れられないと予想しています。
それは、ハイエンドモデルになると部品もしっかりとメーカが管理しているためです。

スマートフォンも急速にコモディティ化が進んでいるようです。
テレビと同じように、メーカによらずほぼ同じ程度の製品が大量に供給されるようになった場合、また価格競争に陥ると思われます。
この時、しっかりと日本のメーカは生き残れるのでしょうか?

[ソース:digitimes]