スポンサーリンク

スポンサーリンク

進化したGalaxy S5のAMOLED

Galaxy S4とGalaxy S5はディスプレイにスーパーAMOLEDを使用しています。
ところがGalaxy S4とGalaxy S5では、少し形が異なることが判明しました。
Galaxy S4のAMOLEDは、緑のピクセルが楕円形、赤と青は短形でした。
Galaxy S5は、すべてのピクセルが短形となっています。

またGalaxy S4の各ピクセルは、赤:31um、緑:23um、青:36umでした。
Galaxy S5では、赤:27um、緑:19um、青:27umと小さくなっています。

Galaxy S4では、青ピクセルが最大のサイズでした。
これは青ピクセルの発光効率が低いので、最大のサイズに設定したと思われます。

一方Galaxy S5では、赤と青は同じサイズとなっています。
これは、赤と青の発光効率の差を最小限にするために設計されたと推定されます。

galaxy-s4-
galaxy-s5-

[ソース:chipworks]