スポンサーリンク

スポンサーリンク

アメリカでのアップルの主力端末はiPhone4

日本ではiPhone5、iPhone5c、iPhone5sの投げ売りで、大部分の人がiPhone4やiPhone4sを使用していないと思います。(⌒-⌒)
ところがアメリカの4大キャリアのiPhoneユーザーの情報を調査した結果、iPhoneの最大勢力はiPhone4やiPhone4sであることが判明しました。
特にT-Mobileを除く3大キャリアは、ほとんどのユーザーが3世代前の端末のままであることがわかります。

T-Mobileは最近積極的なキャンペーンを実施しているので、iPhone5s,5cの割合が多いのかもしれません。
アメリカのアナリストたちは、これはiPhone6への売上げ増に貢献すると考えているようです。

ただし、サムスンのGalaxy S5へ乗り換えた人のうち、かなりの割合でiPhoneから乗り換えた人が含まれていたそうです。
これを考えた場合、iPhone6の価格設定を間違えるとアップルの売上が伸びない可能性があります。

image

[ソース:businessinsider]