スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドコモ iPhoneの呪い その1

先月iPhone5sをライトに変更しました。
課金チェックがあるためにデータ化できなかったからなのですが、無事課金チェックも終了しました。

そこでデータ化するか、パケット外して0円維持にするか選ぶ必要がでてきました。
データ化するには、今月はデータプランライトに変更し来月データブラン2にねんに変更する必要があります。
これは、パケ・ホーダイライトからいきなりデータプラン2にねんに変更すると2重課金が発生するからです。
同種類のプラン同士の変更は、2重課金されないのでこのような手間が必要となります。

音声で寝せる場合は、パケットを外せばいいので簡単ですが枠を消費してしまいます。

結局2台ともデータ化することにしたのですが、せっかくなので151とドコモショップで変更することにしました。

まずは、151です。
my docomoからは変更できなかったので、果たして151で変更するのか確認のために実施しました。(⌒-⌒)
結局できたのですが、意外に大変でした。
初めてオペレータから再度調べて連絡しますというありがたいお言葉を頂くはめになりました。
新人さんだったのでしょうか

今回は、ライトからデータプランのライトへの変更なのですが、現在ライト割を実施しているため少しお得です。
問題は、データプランのライト割を適用して翌月2にねんに変更した場合解除料金がかかるかどうかということです。

これを調べるために保留ではなく、一時電話待ちとなりました。
結局解除料金はかからないことを確認してもらったのですが・・・。(; ̄Д ̄)

iPhone5sのために時間がかかったのか、単なる偶然なのか不明でした。

 

つづく