スポンサーリンク

スポンサーリンク

2013年度ドコモ決算発表で遊ぶ その2

2015年2月1日

今日はドコモの2013年度の決算発表でした。
細かい決算内容の話をしてもいいのですが、このブログはそんなことにはあまり興味がないので興味があることについて書いてみたいと思います。

FOMAとXiの契約すうですが、未だにFOMAが全契約の7割を占めています。
またFOMAの新規契約も前年度比較では減少していますが、Xiの新規契約の6割に近い契約数となっています。
逆に言うとXiの契約がなかなか伸びていないということです。

image

次に今後の課題ということで、一番気になるキャッシュバックについてです。
一応脱却を目指すと書いてありますが、その具体策が貧弱です。
ネットワークは、voLTEで先行するということでしょう。
サービスはdシリーズでしょうか?

ただ果たしてどれだけvoLTEに興味を持つ契約者がいるでしょうか?
電話はそこそこの音声で電話できればいいと思います。

ということで、しばらくはキャッシュバックが厳しくなりそうですが半年程度で復活するのではないでしょうか?

image

次に引っかかったのが、月々サポートのコントロール。
直近3年を見ると、年々月々サポートの影響が増大していることが分かります。
新規契約を獲得すると、2年間影響を与えるのでこれを減らしていきたいのでしょう。
image
image
image

最後にキャッシュバックの影響です。
決算表にキャッシュバックという項目はないのですが、恐らく広告宣伝費に含まれると思われます。
ドコモではこの品目は販売及び一般管理費に含まれるようです。
減っていますね・・・。(; ̄Д ̄)
あまり3月のキャッシュバックは影響なかったようです。
image