iPhone5のスリープボタンに不具合

アップルは2013年3月以前に製造された端末のうち、一部端末で動作が停止する可能性がある部品があることが判明したと発表しました。

一部の端末でスリープ/スリープ解除ボタンの部品が、断続的に動作したり動作しなかったりするそうです。
指定のwebサイトでシリアル番号を入力することで、該当の端末がどうか判明します。

修理には、アップルのリペアセンターに持ち込むか、自分で持ち込むか、メールで連絡するかのどれかだそうです。
なお画面のひび割れなど部品交換に支障がある故障は、先にそちらを修理するので別途修理費用がかかる可能性があります。

修理中の代替品は、アップルストアか正規サービスプロバイダに連絡すれば、iPhone5の16GBを貸し出すそうです。

対象が何台なのか不明で、ごく少ない割合というコメントのみでした。
ただしiPhone5の販売台数は、数億台に達しているはすなので0.1%でも数10万台が対象になります。
small percentageてどの程度なのでしょうか?

 

[ソース:apple]