スポンサーリンク

スポンサーリンク

モバイル広告もiPhone/iPadからAndroidへ

モバイル広告ネットワークプロバイダーによると、Androidデバイスが2014年Q1で初めてiPhone/ipadよりも多くのトラフィックを受信したそうです。
タブレットと電話の両方のデバイスで42.82%,iOSは38.17%のトラフィックを占めています。
しかし広告収入では、iOSデバイスが52%受け取っています。
Androidデバイスは、前年同期27%から33.5%に上昇しました。
地域別トラフィックでは、アメリカが50.6%、アジアが23%、欧州が13%となっています。

端末の出荷台数では、すでにAndroidがiOSを上回っていますが、広告ではまだiOSのほうが強いことが分かります。

[ソース:9to5google]