iPhone Airは2015年以降か?

アップルのphableサイズのiPhoneのバッテリーの生産が苦戦しているようです。
アップルの要求では、5.5インチのディスプレイでバッテリーの厚さ2mm以下にするように要求されているそうです。

通常のスマートフォンの場合、2.8mmから2.9mmの厚さなのでその半分の厚さの実現を要求されるているわけです。
このような薄いバッテリーの製造に苦戦しているために、phableの生産が遅れているようです。
バッテリーの製造には、サムスンSDIとLGと一部の小規模メーカーが担当しているようです。
またこのphableはiPhone Airと呼ばれているそうです。

バッテリーは、スマートフォンでも色々問題を起こすことが多いので、なかなか薄くできないと思います。
信頼性の問題を考えると薄くするのはかなり危ないのではないでしょうか?

[ソース:phonearena]