ビックカメラ 格安スマホを見学 その2

うっかり新聞などの報道につられてビックカメラの格安スマホを見てきました。(⌒-⌒)
coviaというメーカの端末とBICSIMとの組み合わせのようでしたが、イオンスマホとは明らかに異なっているようです。
イオンスマホの特徴は、解約自由と格安料金プランというのが売りでした。
ところが、ビックカメラの格安SIMはどうも既存のBicSim+SIMフリースマホという組み合わせのようです。
ちなみに、ビックカメラではcoviaを20,358円で販売していました。
IMG_20140419_133534A_compressed

ビックカメラの格安スマホですが、端末代金930×24+1,900=2,830円かかります。
3年目以降は、1,900円になります。
が、このプランを使用するならSIMフリーの端末を購入して日本通信のiプラン+ドコモFOMAに入ったほうがお得です。
まず、SIMフリーの端末はcoviaより良いものが販売されています。
例えばXperia E1 dualなどは、20,000円~24,000円程度とcoviaとほぼ同額で売られています。
また音声プランもFOMAなどは、無料通話時間も付いていますが、ビックカメラの場合は20円/30秒かかります。

press_140417_xsimhikaku

ということで、新聞などにのせられてわざわざ見に行ってきましたが、あまりお得感はないようです。
1,000台という台数も、ビックカメラも様子見ということではないでしょうか?
どちらかというと、BicSimの認知度を上げたいのかもしれません。