スポンサーリンク

スポンサーリンク

格安スマホに続々参入

従来はプロバイダーや日本通信などの専門会社が、プリペイドSIMを販売して競争していましたがここにきて家電量販店も参入する方向に方針転換したようです。

先日イオンが2,980円で参入を果たしましたが、今度はビックカメラやヨドバシカメラも参入するようです。
ビックカメラは、4月18日から店頭販売を開始するようです。

なお、ビックカメラははタブレットとスマホを計3種類で1,000台販売するようです。
恐らく以前記事にした、ビックカメラ池袋本店で実施しているSIMフリー端末+SIMカードの販売が好調だったのでしょうか?

ビックカメラは、コヴィアの端末を使用して、14.4MbpsとFOMA highスピードが利用できるようです。
FOMA Highスピードが使用できると、200kbpsよりもかなり可能性があがります。

[ソース:日経新聞]