スポンサーリンク

スポンサーリンク

サムスンの嘘がばれた

アメリカでは、先週から記事がでていたのですが、日本ではあまり報道もされていません。

簡単に言うと、Galaxy Tabは実はそんなに売れていませんでした。という、サムスンの内部文書が明らかになってしまいました。
下記は、2011年6月の最高経営責任者のプレゼン資料です。
タブレット市場は、2010年で1040万、2011年で2830万、2012年で4120万と販売台数を増加させています。
TAM(Total Available Market)では、Androidは39%を占めるだろうと予想している。

AvS.iPad2012share

下記は、2012年2月のサムスンの最高機密の資料です。
アメリカ市場では、ハイエンドのiPadとローエンドのAmazonのkindle FireとNookの両方からプレッシャーを受けていることを説明しています。
サムスンのタブレットは、四半期の売り上げが数十万台のため、2011年のアメリカでの販売台数に100万台追加しました。

AvS.iPad2012share.2

サムスンは、1740万台のiPad、500万台のFire、150万台のNook、100万台のサムスンと第4位でした。

[ソース:appleinsider]