MVNOの市場動向 その1

2014年10月9日

総務省か2013年12月末までのMVNOの状況を発表しました。
MVNOの契約数は、1,375万で携帯・PHS回線を利用するものは717万、BWA回線は675万でした。

image

BWAとは、Broadband Wireless Accessの略で、WiMaxなどがこれに該当します。
これは移動系通信市場の9%を占めます。

さらに、MNOであるMVNOを除いた場合は、669万で4.4%になります。
MNOとは、回線網を自社で保有し、直接自社ブランドでサービスを提供できる事業者のことで、NTT,KDDI,ソフトバンクなどがこれに該当します。

image
image

まずは、MVNOの現状を紹介しましたが相当厳しい状況が分かります。
まず、MVNOは全体の9%のみであり、さらにMNOであるMVNOを除くと4.4%になってしまいます。
この4.4%が本当のMVNOと言えます。

ちなみに大手日本通信の回線数は、月額SIMが約58,000件、プリペイドSIMも約58,000件で約120,000件になります。
大手でもこの程度の回線数です。(; ̄Д ̄)

 

[ソース:総務省]