スポンサーリンク

スポンサーリンク

イオン 格安携帯詳細発表

先日、イオンが携帯通信事業に参入することを記事にしました。
全国で8,000台で様子を見るということですが、恐らくイオンニューコムでの販売だと思われます。
現在イオンニューコムは、192店舗(店舗数は数えたので間違いがあるかも)あります。
単純に計算すると、42台/店となります。(; ̄Д ̄)

当然都心や関東圏に重点的に台数を配分すると思いますが、すこし少ないような気がします。
やはり、まずは様子身なのでしょう。

さすがに200kbpsでは問題となるユーザーも想定してのことか、3G版も300円/100MBや1200円/500MBのTurbo Chargeもプランとして準備しています。

なぜかyoutube等と動画系はNGのようです。さすがに200kbpsでは無理ということでしょう。

aeon_0331

これと同等のサービスは、日本通信のX SIMになります。
こちらは今までと同じ、通常LTEで規定のデータ量を超えた場合200kbpsになるという仕様です。
ただし音声通話がありませんが、たいてい利用期間もありません。
xsim

色々考えましたが、イオンのスマートフォンを契約するよりは、3大キャリアの音声通話+XSIMで十分だと思います。
端末がない場合は、EmobileのNexus5の一括0円で入手して上記プランで契約。

結論としては、スマートフォンを持っていない人が色々プランを調べるのが面倒で、通信も音声もあまり使わない人向けには、最適かもしれません。

[ソース:日本通信]