2014年3月の総括

さて、2014年3月も実質終了しました。
一応31日もありますが、最後に良案件でもあるのでしょうか?(⌒-⌒)

今月は、上旬から各ショップともに飛ばしてきました。
が3週目に、突然キャッシュバック終了の情報が、大量に流れ週末は大変な状態に。
その後もauとドコモのシステムダウン、ドコモの自主規制撤廃、auの自主規制強化と荒れた月になりました。

第一週目
ドコモがほぼ全てのキャンペーンを延長しまして始まったこの週。
auとソフトバンクは、特に新しいキャンペーンを実施しませんでしたが、各ショップではしっかりとキャンペーンを実施していました。

ドコモ
全てのキャンペーンを延長したことで、完全にドコモが有利な状態かと思いましたが、auとソフトバンクもしっかり対策してきました。
複数台セットキャンペーンを武器に、iPhone5sとAndroidを販売する作戦。
ただし、量販店では条件が低めという状態。

ソフトバンク
2月でのりかえサポートの商品券が終了してしまい、3月からは分割のうまみも激減。
ただし、iphone5sとAndroidの旧端末と303/302SHの複数台セットでかなりのキャッシュバックをつけていました。

au
先月までauの主力だったHTL22は、さすがに在庫切れ状態。
そのかわり、急速にLGL22が台頭してきました。

第二週目
各社ともにキャッシュバックを投入してきており、特にiPhone5sは盛盛状態。
それぞれ複数台セットのキャッシュバックキャンペーンを延長して、完全に契約台狙い状態。
旧端末の在庫処分をついでに実施しているのは、さすがです。

ドコモ
iPhone5sがメイン状態。
その他の端末での案件もあるも、他社の端末の案件に見劣り・・・。

ソフトバンク
まとまった案件は、iPhone5sのみでしたが、旧端末も五月雨式になかなかの案件で放出。
ただし、案件数自体がそれほど多くなかった上に、iPhone5sのほうが完全に美味しいので、iPhone5sにいけなかったときの代替案件状態。
iPhone5cの案件が久しぶりに少しずつでてきました。

au
auもiPhone5s複数台で勝負。ただし、その他にHTL22、LGL22、FJL22と良案件を揃えて挑んできました。
完全にauの独断上状態でした。

第三週目
この週は、突然週中で大還元キャンペーンが終了との情報が駆け巡り、大変な状態になりました。
電話はつながらず、ショップはTwitterをやる暇もなく、センターはシステムダウン。
嘘か本当か分からない状態のまま、ショップに突撃。

ドコモ
引き続きiPhone5sのみの状態。量販店での条件の厳しさは相変わらずの状態。
Androidも余り魅力的な案件はありませんでした。
ただし、突然90日ルールを撤廃し契約数を取りに行く戦略に変更。
ショップも情報を持っているところと持っていないところに分かれていたようです。

ソフトバンク
基本的に案件自体は、先週と変わらず。条件も変わらず。
ソフトバンクにしては、珍しく大胆な攻撃が見られない上に、大還元キャンペーンも一番に止めてしまいました。

au
システムダウンのため、大還元キャンペーンを2日延長して対応。
案件自体は、先週と変わらない状態でしたが、さすがにHTL22の案件は激減。
ただし、LGL22とFJL22がその分増えてきました。

第四週目
2月に注目していた3連休ですが、結局ピークは第三週目でした。
ただし、ショップも先週の悪夢を繰り返さないように、かなり対策を講じてきました。

ドコモ
他社がiPhone5sの複数台案件がなくなるなか、ただし1社だけ継続。
複数台では、一番良案件を提供できる状態になりました。

ソフトバンク
iPhone5sは終わりましたが、iPhone5cを変わりにだしてきました。
その他に、旧端末の案件も引き続き少数ですが、案件としはある状態。

au
auもiPhone5sの複数台は終了。ただし、LGL22やFJL22などの強力なAndroid端末があるので、これでドコモに対抗しています。
また先週のドコモの自主規制撤廃に対して、利用者登録の条件強化という自主規制強化の動きにでました。

第五週目
消費税の増税などもありましたが、案件自体は終了状態。
徐々にキャッシュバックの金額も落ちてきており、注目は4月以降の状況に移ってきたようです。
Twitterなどでは、キャンペーンの終了、さらなるキャッシュバックの減額などが呟かれています。

ドコモ
結局、最後までドコモはiPhone5sで押してきました。
ただし、複数台を3月いっぱい行えたことはかなり大きかったのではないでしょうか?

ソフトバンク
一時期iPhone5cの案件もありましたが、最後は旧端末の複数台で責めていました。
今月は珍しくソフトバンクに覇気がなかったように見えました。

au
LGL22、FJL22の複数台で勝負。
ただし、自主規制の強化で契約数自体は減ったのではないでしょうか?

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です