韓国政府 vs 韓国メーカの戦い

韓国では通信キャリアの補助金が問題となっています。
残念ながら、日本も自主規制という形で年度末のお祭りが終了しそうですが・・・。(; ̄Д ̄)

そんな中で、なぜか端末メーカにも火の粉がかかってきたようです。

政府は端末メーカに対して、なぜか中低価格帯の端末販売拡大を推進するために、現在の端末価格を20%以上値下げするように要請したようです。
これは当然、韓国国内のみ適用とは行かないはずなので端末メーカにとっては大打撃になります。

政府は国民の通信費用を下げるために、補助金の規制なども実施しているようですが、まさか端末価格の値下げまで要請するとは意外でした。
さすがに法的根拠はないので、協力要請という形を取っています。
ただし、この要請を断ったときに通信費用上昇の主犯扱いにされる可能性があるので、メーカも対応に苦慮しているようです。

何やら社会主義のような趣になっていますが・・・。
中低価格帯の端末を増やしたいならば、その価格帯の端末を国内で販売するしかないでしょう。
ただし、ユーザがそのような端末を買うかどうかは不明ですが・・・。

[ソース:ZDNet Korea]