AcerのWindowsPhoneへの参入

AcerはAndroid OSのスマートフォンを主力とした戦略を取っています。
WindosPhoneはAcer Allegroを2年前に販売しただけでした。

しかし、もし欧州でのWindowsPhoneのシェアが10~15%に達した場合は、再度参入する可能性があるそうです。
現在WindowsPhoneのシェアは7%で、10~15%になるのは厳しいように思えますが、昨年シェアを倍増させました。

とすると、以外に早く15%のシェアを獲得するかもしれません。(; ̄Д ̄)

ここにきて、Androidの問題点も色々明確化されてきたので、第3のOSで2強体制を崩してほしいものです。

[ソース:gsmarena]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です