2014年2月の総括

さて、2014年2月が終了しました。
残すところあと2日ですが、土曜日から3月です。

今月は、ソフトバンクののりかえサポートの改悪から始まり、ドコモのiPhone5s+CB攻勢、ソフトバンクの低価格端末の高額CB攻勢、auのCB増額攻勢。
さらには、各社複数台セット販売攻勢と、大変な月になりました。
そんな中でも今月の一番大きな出来事は、ソフトバンクの大規模なキャッシュバック攻撃と大雪です。

第一週目

1月からauとソフトバンクがiPhone5s一括0円を開始していましたが、ドコモはさらにキャッシュバックを追加してきました。
完全にドコモが一歩リードした感じです。

ドコモ
年末に実施していたiPhone5cの一括0円+キャッシュバックに対して、iPhone5s一括0円+CBを投入。
かなりの金額をキャッシュバックに投入。
ソフトバンクとauは不意を突かれた感じでドコモに技ありでした。

ソフトバンク
2月からのりかえサポートの改悪を実施してしまい、失速が予想されました。
またiPhone5sの一括0円案件も減少気味で今後どうするのか見えませんでした。

au
1月に実施していたiPhone5sの一括0円の案件が減少。HTL22は相変わらずの頑張りで踏ん張っているように見えます。

第二週目

この週は今年一番の出来事して記憶に残るのではないでしょうか?
関東は大雪で、まったく動けず。
ソフトバンクはのりかえサポートの改悪を回避する施策を実施して、いったい何をしたいのか不思議な状態。
急落していた白ロムの買取価格も徐々に戻してきて、ここからというときに出鼻をくじかれたかっこうです。

ドコモ
引き続き、iPhone5s+キャッシュバックを投入してauとソフトバンクを突き放す戦略。
加えて複数台セットキャンペーンも前面に打ち出して、iPhone5sのキャッシュバックがかなり高額。

ソフトバンク
低価格端末を分割販売することで、のりかえサポート改悪を回避する策にでました。
さらに低価格端末に高額キャッシュバックを徐々に投入した上に、iPhone5sにも少額のキャッシュバックを投入。

au
HTL22のキャッシュバックが、徐々に増加傾向。
ドコモに対抗して、iPhone5sにキャッシュバックを追加するも、やはり主力はHTL22。

第三週目

先週に引き続き、またもや関東は大雪で動けず。
ソフトバンクはさらに低価格端末にCB攻勢を実施し、auも複数台セットでのCB増額キャンペーンを実施。
いずれもかなりのお祭り状態でしたが、動けないのでどうにも慣らす゛。
ただし、動いた人はかなりの収穫があったようです。

ドコモ
引き続き、iPhone5s+CBと複数台のCB増額キャンペーンを実施。
ただし、auとソフトバンクが対抗策を出してきたために、魅力が半減。
今後どうするか注目です。

ソフトバンク
ディズニーモバイルや205SHへの高額キャッシュバックが炸裂。
もはや50万超えは普通状態と、少し異常な状態。
iPhone5sにも20,000円/台と高額のキャッシュバックを付けた上に、3台だと10万越え。

au
HTL22のキャッシュバックをさらに増額。
さらに複数台セットのキャッシュバックも投入したうえに、iPhone5sのキャッシュバックもドコモを上回る金額に。
徐々にHTL22以外の端末にもキャッシュバックの増額傾向が見えます。

第四週目

ようやく雪も降らずに快晴でした。
ただし、お祭りの山は既に下り坂気味で、ディズニーモバイルの案件も減少。
それでも、iPhone5sを中心として複数台契約の戦いは激しさを増しています。

ドコモ
2月上旬の目玉はどこへやら。
完全に魅力がない状態に陥ってしまいました。
複数台セット販売も、auやソフトバンクよりも劣っておりかなり劣勢に立たされています。

ソフトバンク
ディズニーモバイルの案件はかなり少なくなってきましたが、205SHを中心として高額キャッシュバックキャンペーンは継続。
ついに3台で10万超えのiPhone5sの案件も登場。

au
HTL22とLGL22にキャッシュバックを集中させ、iPhone5sへのキャッシュバックは若干減少。
ただし、複数台ではかなりの高額キャッシュバック案件があり、順調にドコモを突き放していました。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です