Windows PhoneにLGとlenovo参加

マイクロソフトは、Windows PhoneにLGとlenovoが参加することを発表しました。
windows Phoneは、携帯端末の第3のOSになる可能性を秘めているとはまだいえません。
現在は、iOSとAndroidの2強になっており、WindowsPhoneはシェアは1桁台です。

ただし、今回WindowsPhoneではAndroidベースのハードウェアを再利用できること、またクアルコムのリファレンスデザインを使用してWindosPhoneを設計できることを述べています。

つまり、AndroidOSから容易にWindowsPhoneに乗り換え可能ということです。
もし比較的容易に乗り換え可能ならば、ライセンスの価格次第では乗り換えてくる会社が増えてくるかもしれません。

IMG_9650

[ソース:engadget]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です