サムスン 日本での敗北を教訓にインド市場死守の構え

昨年は、サムスンが世界第4位の市場である日本で、アップルに敗北しました。
昨年末の一時期は、アップルのシェアが75%に上ったほどです。

ちなみに世界市場の順位は、アメリカ、中国、インド、日本の順となっています。

インドでのサムスンのシェアは40%でアップルの3~4%と比較すると圧倒しています。
またインドの主力端末は、ハイエンドではなくエントリーレベルの価格帯のためGalaxyGrandなどが主力端末となります。
価格としては、20,000円台です。
アップルのiPhone5sの30%台の価格帯のため、アップルもiPhone4を再生産して対抗しようとしています。

サムスンは、Galaxy Ground2をもうすぐ販売する予定で、これでインドシェアをしっかりと確保する予定です。

今回は、アップルも日本と違って攻めきれないためにインド市場を確保することは厳しいと思われますが、サムスンも中国などの低価格帯端末の攻撃を受けておりうかうかしていられない立場です。

 

[ソース:ZDNet korea]

 

 

[ソース:ZDNet Korea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です