2014年2月 Android OS別シェア分布

このデータは、Google Playにアクセスする全てのデバイスで、Androidのバージョンを記録することにて収集されています。

今回もっとも特長的なことは、Jelly Beanが前回の59.1%から60.7%とついに60%を超えたことです。
KitKatは1.6%から1.8%へと微増にとどまりました。

その他のバージョンについては、Ice Creamが16.9%から16.1%に、Gingerbreadが20%から21.2%へと増加しました。
Jelly BeanがメインOSとなりましたが、次にシェアを占めているのがGingerbreadというのはかなり問題だと思われます。
Gingerbreadは2010年にリリースされたので、4年近く使用されていることになります。

screen-shot-2014-02-04-at-9-06-11-pm

 

[ソース:developer android]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です