サムスン 2013年度タブレット販売は好調

2013年のサムスンのタブレット販売は好調だったようです。
出荷台数は4170万台に上り、シェアも2倍の18.3%に達しました。
ただ、アップルのシェアは33%であるため、まだまだ厳しい戦いです。
しかし、2013年はその差を少し縮めることに成功しました。

一方、第3位のwindowsタブレットは、2012年の250万台から11万台出荷台数を伸ばして、シェア4.8%を締めています。

Tablet-Marketshare-2013-645x322

一方地域別シェアを見た場合、先進国の北米、西ヨーロッパ、アジア太平洋地域はアップルがトップシェアを維持しています。
ラテンアメリカ、東欧、アフリカ、中東では、サムスンがトップシェアを保持しました。
今後も徐々に、アップルとの差を縮めてくるのではないかと予想されています。

2013-Tablet-Marketshare-Emerging-Markets-645x322

[ソース:androidauthority]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です