ソフトバンク 米T-モバイル買収に挑戦 その2

前回、ソフトバンクとスプリントの幹部がアメリカ司法省と会談したことをお伝えしました。
今度は、月曜日にFCCとの会談を行う予定だそうです。

当然、T-モバイルを買収する際の問題点や感触を探るのが目的と考えられます。

ちなみに、T-モバイルは最近の戦略が当たって、劇的に加入者を増加させています。
対するスプリントは通信網の改修が長引いたために、競争に後れを取っています。

なお、AT&TがT-モバイルの買収に失敗したときは、違約金として40億ドルをT-モバイルの親会社であるドイツテレコムに払っています。(; ̄Д ̄)

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です