Androidのシェアを脅かすのはAndroid

2013年、Androidは10億台のスマートフォンを販売し、77%のシェアを持っているそうです。
ただし、詳細に見ていくと安泰ともいえません。

まず、Androidには2つのバージョンがあります。
1つは、Google Android、もう1つはAndroid Open Source Project (AOSP)。
AOSPは、Google Androidのほぼ同一のものですが、いくつかの点で異なります。
AOSPは新興国向けに展開されている場合が多いです。

Androidのシェア増加は、AOSPが非常に大きな割合を占めています。
GoogleがコントロールできないAOSPのシェアが伸びているため、将来Googleが制御できない可能性があります。

また、Windows Phoneのシェアも伸びていますが、まだまたです。

mdmtchart

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です