スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソフトバンクの定額音声サービスは安いのか? その2

ソフトバンクが定額音声サービスを発表しました。まずどういうプランなのかを見てみたいと思います。

Sパック Mパック Lパック
国内音声通話 3分以内/月50回 5分以内/月1000回
パケット通信 2GBまで 7GBまで 15GBで
月額利用料 ¥5,980 ¥6,980 ¥9,980
S!ベーシック ¥300 ¥300 ¥300
パケット超過時 250円/100MB 125円/100MB 100円/100MB
基本料 ¥934 ¥934 ¥9340

なお、音声通話超過した場合は、30円/30秒
パケット超過時に128kbpsで利用する場合は、300円/月必要です。
この場合は、パケット超過料金は不要です。また2年縛りをしたくない場合は、基本料金が1,960円/月になります。
何やら色々と課金されますね・・・。(; ̄Д ̄)
定額といいつつ、定額でないところが凄いです。(; ̄Д ̄)

これがお得かどうかを考えてみたいと思います。
今回はMパックです。
まずMパックを見ると、明らかに既存ユーザ狙いだということが分かります。

Sパックと同じように内訳を計算してきました。

  Mパック 内訳
音声通話料金 ¥6,980 ¥1,280
データ通信料 ¥5,700

image

10分/回に抑えられる限りは、非常にお得なプランといえます。
が、10分を超えると通常の1.5倍の通話料金がかかるため、Wホワイトなど契約した場合お得なプランとはいえません。
また、家族内の通話が多い場合も通常のプランのほうが安いでしょう。

このプランは、家族以外と頻繁に10分程度の電話をする人向けのプランになります。
何やらえらく限定されてしまうのですが・・・。(; ̄Д ̄)