スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソフトバンクの定額音声サービスは安いのか? その1

ソフトバンクが定額音声サービスを発表しました。
まずどういうプランなのかを見てみたいと思います。

Sパック Mパック Lパック
国内音声通話 3分以内/月50回 5分以内/月1000回
パケット通信 2GBまで 7GBまで 15GBで
月額利用料 ¥5,980 ¥6,980 ¥9,980
S!ベーシック ¥300 ¥300 ¥300
パケット超過時 250円/100MB 125円/100MB 100円/100MB
基本料 ¥934 ¥934 ¥9340

なお、音声通話超過した場合は、30円/30秒
パケット超過時に128kbpsで利用する場合は、300円/月必要です。
この場合は、パケット超過料金は不要です。
また2年縛りをしたくない場合は、基本料金が1,960円/月になります。
何やら色々と課金されますね・・・。(; ̄Д ̄)

定額といいつつ、定額でないところが凄いです。(; ̄Д ̄)

これがお得かどうかを考えてみたいと思います。

今回はSパックです。

まずSパックを見ると、誰をターゲットにしているかよくわかりません。(; ̄Д ̄)
ウィルコムの『だれとでも定額』を導入するときに、10分という通話時間が最もよいという調査結果がでたそうです。
短すぎるとだれも契約しない。長すぎると会社が赤字になる。
10分だと、ちょっとした電話ならば十分だし、長電話のお客さんはさらに通話料金を払う。

2GBのデータ通信は、メール中心だと多すぎる。かといって、ネット中心だと少なすぎる。
また通話も月50回と少ないうえに、1回3分・・・・。

それはともかく計算してみました。

まずは、パケットの固定費を計算したいと思います。
ソフトバンクの2段階パケットは、2,000円なのでこれを固定費と考えます。
また、フラットが5,700円なので、(5700-2000)/7≒530円/GB

これが、Mパックのときのデータ通信料金の基礎になります。
Sパックは、250円/MBとMパックの2倍の料金なので、月額料金中のデータ通信も2倍と考えます。

以上から、月額基本料金の内訳は、

Sパック 内訳
音声通話料金 ¥5,980 ¥1,860
データ通信料 ¥4,120

ソフトバンクの場合、通常20円/30秒、Sパックでは30円/秒。
1回の通話時間を30秒、1分、2分、3分と変化させて通話料金を計算しました。

image

結果、通話時間が30秒/回の場合は、Sパックのほうが高いです。
一方、1分/回の場合は、50回あたりに分岐点があります。

というわけで、1分/回を超える場合はSパックのほうがお得にみえます。
が、実際は家族内通話など無料通話などもあるので、一概にはSパックがお得とはいえません。

また、そもそもSパックのプランは、待ちうけOnlyのようなプランなのでどう考えてもお得ではないでしょう。

Sパックを選択するならば、パケット2段階+Wホワイトあたりで十分でしょう。