スポンサーリンク

スポンサーリンク

USBケーブル経由でAndroid端末に感染するマルウェア

Windows経由でAndroidに感染を試みるマルウェアが発見されたそうです。
このマルウェアは『Trojan.Droidpak』と呼ばれ、WindowsPC上でシステムサービスとしてインストールしてから、apkをダウンー度します。
その後に、接続したAndroid端末に対して、トロイの木馬がインストールされます。
現在は韓国の銀行をターゲットにしているようですが、同様の仕組みを用いることで世界中の銀行をターゲットにすることが可能です。

今のところ、USBのデバックモードを無効にするなどの手段がありますが、そのうち色々な亜種が出てくるでしょう。

[ソース:Android Authority]