2014年1月の総括

さて、2014年最初の月である1月が終了しました。
実際は、31日まであるのですが、土曜日が2月なので実質今日で1月は終わりです。
ということで、今月を振り返ってみましょう。

今月の一番大きな出来事は、auの2014年春モデルの発表と、白ロム買取業者の一斉臨時休業でしょう。
知っている人は理由を知っていると思いますが・・・・。

第一週目

さすがに年明けは各ショップともにお休み状態。
土日も案件は少なめでした。
iPhone5cとiPhone5sの買取価格が急落したのが、少し驚いた出来事でしょうか。

ドコモ
年末に実施していたiPhone5cの一括0円+キャッシュバックが減少。
基本的に複数台セット販売の戦略を維持しているも、インパクトに欠けてきた感じ。

ソフトバンク
先月に引き続き、203SHを中心に高額キャッシュバック60,000円。
205SHやiPhone5cの一括0円も継続。
基本的に、iPhone5cと203SHと205SHとDMシリーズでMNPを稼ぐ戦略の模様。

au
昨年から復活したHTL22を中心に、セット販売を実施。
在庫処分も順調に行っている模様。

第二週目

今年最初の3連休の上に、各キャリアのキャンペーンも終了予定の週。
ただし、ドコモだけは早々に各キャンペーンの延長を発表しました。
これは戦略的ミスではないでしょうか?
ドコモがついに純増数でソフトバンクを抜きました。ソフトバンクはどうする?(⌒-⌒)

ドコモ
年末に実施していたiPhone5cの一括0円+キャッシュバックも継続。
ただし、ショップによっては他のキャリアの端末とのセット販売も増えてきました。
キャンペーンの継続は、店頭では積極的にアピールしていませんでした。

ソフトバンク
こちらはキャンペーン終了予定なので、iPhone5cと203SHを積極的に販売しています。
一貫してぶれない戦略は、安心してMNPできる反面、維持費が高いのが・・・。

au
昨年から復活したHTL22を複数台で販売。
いったい何処にこんなにあったのか不思議ですが・・・。

第三週目

auとソフトバンクは、年末から実施していたキャンペーンを終了し、学割キャンペーンに切り替えてきました。
ただし、非公式に実施していた複数台セットキャンペーンは継続している模様。
ソフトバンクの動きは特になかったです。

ドコモ
キャッシュバックは特に変更はなく、iPhone5cのセット販売を継続。
逆にiPhone5c以外にめぼしい案件がないのが気になります。

ソフトバンク
昨年からキャッシュバック盛り盛りの203SHの案件が激減。
少し異常に感じるほどの激減ぶりです。13日のキャンペーン終了とともに、端末もなくなってしまったような感じです。

au
HTL22のキャッシュバックが若干低下しましたが、まだまだ案件はいっぱい。
iPhone5cのキャッシュバック案件も共に減少気味ですが、iPhone5sの一括0円案件が少しあります。
学割キャンペーンに力を入れだしているようです。

第四週目

auとソフトバンクが、iPhone5sの単体一括0円を開始。
ドコモが何やら元気がないように見えます。
というか、目だった案件がないです。(; ̄Д ̄)

ドコモ
目玉キャンペーンがない状態に陥っています。
iPhone5cの複数台セット販売も案件数が減少しています。
他のキャリアがiPhone5sの一括0円を出すも、ドコモは未対応。
1月の順増数は、低位置に戻りそうです・・・。

ソフトバンク
203SHの案件は、ほぼなくなりました。
が、代わりに205SHの案件が急増中です。
iPhone5sの一括0円やiPhone5cの一括0円も実施。
ただし、ソフトバンクはiPhoneしかないという印象がより強くなっています。
302SHや301Fも不発に終わりそうで、週末は一括0円・・・。

au
HTL22も相変わらずですが、HTL22と春モデルの組み合わせで一括0円の案件を出してきました。
HTL22を中心に、旧端末とセット販売することで一括0円を実施し、魅力的な案件に仕上げています。
問題は、HTL22が無くなったときどうするのか?
iPhone5cとiPhone5sをメインにしてくるのでしょうか・・・。