スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドコモのiPad mini RetinaとiPad Airの売り方

ドコモがiPadの取り扱いを開始するという発表がなかなかありません。
諸事情を考えるとなかなか難しいのでしょう。

ビックカメラで、ドコモのBF-01DとiPadのセット販売を実施していました。(; ̄Д ̄)
0112_

0112_3

これがお得かどうか考えてみました。
今のところ、BF-01Dの一括0円+CB20,000円が一般的なようです。
iPad Airは51,800円、iPad miniは41,900円。
従って実施的な出費は、
51,800-20,000=31,800円
となります。iPad miniだと、21,900円です。

一方、今回の売り方だと、
BF-01Dの本体、32,760円とiPad の100円が必要です。
実質的な出費は、
32,760+100-15,000=17,680円
となります。iPad miniだと、7,680円です。

これに、Xiデータプランライト割の3,980+moperaの525-月々サポート1,365=3,140円が必要です。

とりあえず、ビックカメラで買ったほうが安いですね。(⌒∇⌒)

 

そこでiPadを売った場合はどうなのか検討してみます。
iPad Air 16GBの買取価格が46,000円、iPad mini Retian 16GBが36,000円。
46,000-17,680-3,150-2,100-9,975=13,905
6ヶ月維持するためには、3140*6=18,840。ただし、moperaのキャンペーンで6ヶ月0円なので、18,840-525*6=15,690

ということで、1,785円の赤字になりました。(T_T)