スポンサーリンク

スポンサーリンク

携帯各社の消費税対応

いよいよ今年もあと6日になりました。
来年になると、われわれ乞食にとって重要な事柄として消費税があります。

ソフトバンクは既に発表済みで、外税方式3月31日まで契約分には全て変更なしです。
auも本日発表して、ソフトバンクと同様の対応になりました。
ドコモも同様の対応になるでしょう。

ここで、MNPを行った場合の消費税の影響について考えてみたいと思います。

1.契約解除料:9975円→10260円
2.転出手数料:2100円→2160円
3.事務手数料:3150円→3240円

全部で435円のコストアップです。
15回線を年4回転させると、435×15×4=26100
これに、各プランの値上がり分を考慮する必要があります。

ソフトバンク

増税前増税後
ホワイトプラン¥980¥1,008
S!ベーシックパック¥315¥324
パケットし放題フラット¥5,985¥6,156
総計¥7,280¥7,488¥208

au

増税前増税後
LTEプラン¥980¥1,008
LTE NET¥315¥324
LTEフラット¥5,985¥6,156
総計¥7,280¥7,488¥208

ドコモ

増税前増税後
タイプXiにねん¥780¥802
SPモード¥315¥324
パケットフラット¥5,985¥6,156
総計¥7,080¥7,282¥202

1台あたり208円のコストアップなので、15×12×208=37440円

全部で63,540円のコストアップが予想されます。(; ̄Д ̄)
意外と大きな金額です・・・。