11月契約数別の目から ドコモ編

ドコモも11月も10月に続いて順調に契約数を伸ばしています。MNPも少し改善してきました。
そんなドコモを別の視点から見てみます。

まず2011年からの月別の契約者純増数を見て見ます。
2011年、2012年ともに12月と3月が突出して増加していることが分かります。
また2013年は他の年と違って、9,10,11月と順調に増加していることが分かります。

image

次にMNP純増数を見て見ます。
もう何年もプラスにないのですが。(T_T)
これも2013年は8月を底に、9,10,11月と順調に改善しています。
2012年10月、11月の激減は、iPhone5の影響ではないかと思われます。

image

次にドコモの新規契約者数を見てみます。
12月と3月が突出して増加しています。また、それ以外の月はほぼ、10万から20万の間で安定しています。

image

以上のことから、次のことが言えます。

1.新規契約者数は、安定している。
2.12月と3月は、新規契約者数が多い。
3.MNPによる転出は3月が多い。

ということは、MNPの転出数を減らすと、今年はかなりいい12月になる可能性が高いです。
また、例年と2013年は明らかに傾向が違います。
これもiPhone効果でしょうか。