クアルコム 携帯向けプロセッサ発表

携帯向けプロセッサのシェアが最大のQualcommが最新のプロセッサを発表しました。
Snapdragon 805で従来の上位プロセッサ800よりメモリ帯域が2倍、グラフィック性能が40%アップしているそうです。
また、LTE cat6に対応したことで、300Mbpsのダウンロードが可能となります。
ただし日本では、2014年にようやく150Mbpsのサービスが開始となるので300Mbpsの恩恵を得るのはまだまだ先でしょう。(⌒∇⌒)

現在サンプル出荷中なので実際に携帯に搭載されるのは、2014年の夏モデルではないでしょうか?

LTE LTE-Advanced
カテゴリ クラス3 クラス4 クラス5 クラス6 クラス7 クラス8
ダウンロード 100Mbps 150Mbps 300Mbps 300Mbps 300Mbps 3Gbps
アップロード 50Mbps 50Mbps 75Mbps 50Mbps 100Mbps 1.5Gbps
周波数幅 20MHz 20MHz 20MHz 40MHz 40MHz 100MHz

 

ただ、そろそろプロセッサの性能よりもネットワークの環境ネックが大きくなってきているような気がします。
今後Qualcommもインテルのように成長が鈍る可能性があるかもしれません。

Snapdragon 805 Snapdragon 800
最大クロック 2.5GHz 2.3GHz
CPU Krait 450 4コア Krait400 4コア
GPU Adreno 420 Adreno 330
メモリ LPDDR3 800MHz 25.6GB/S LPDDR3 800MHz 12.8GB/S
無線 Bluetooth 4.0 IEEE802.11
GMS W-CDMA LTE cat6 CDMA200
Bluetooth 4.0 IEEE802.11
GMS W-CDMA LTE cat4 CDMA200
4K 撮影・再生・外部出力 撮影・再生

 

詳細はこちらを参照してください。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です