iPad mini Retinaはディスプレイの性能が低い

日本でのiPadの人気は凄いことになっていますが、海外のディプレイ調査会社は酷評しています。
現在タブレットのシェアとしては、iPad/Nexus/Kindleがかなり大きなシェアをもっています。

そこでこの3種類のディプレイについて調査したそうです。
単純にディスプレイのカタログ性能はiPadが優れています。

カテゴリ Amazon
Kindle Fire HDX 7
Apple
iPad mini Retina
Google
new Nexus 7
ディスプレイ技術 7.0 inch
IPS LCD
a-Si Backplane
Quantum Dots
7.9 inch
IPS / FFS LCD
IGZO / a-Si Backplane
 
7.0 inch
IPS LCD
LTPS Backplane
 
アスペクト比 16:10 = 1.60 4:3 = 1.33 16:10 = 1.60
画面領域 22.0 Square Inches 29.6 Square Inches 22.0 Square Inches
画面領域比率 100 percent 135 percent 100 percent
解像度 1920 x 1200 pixels 2048 x 1536 pixels 1920 x 1200 pixels
総画素数 2.3 Mega Pixels 3.1 Mega Pixels 2.3 Mega Pixels
画素密度 323 PPI 326 PPI 323 PPI
20/20 Vision Distance 10.6 inches
or more
10.5 inches
or more
10.6 inches
or more

ただし、詳細にディスプレイの性能を評価するとiPadが3つの中で最低でした。
特に色域最大色誤差で劣っているそうです。

また、iPadがIGZOを使用していることも批判しています。IGZOは供給不足と歩留まりの低さで問題を抱えており、またIGZOよりも高性能で容易に入手可能な低温ポリシリコンLTPSを使用したほうがよいといっています。

ただし、今後の技術動向次第では評価は逆転するかも?だそうです。(⌒∇⌒)

今回の報告をより詳細に知りたい方はこちらを参照してください。
またディスプレイの詳しい話はこちらを参考にしてください。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です