10月契約数別の目から au編

10月もauが:契約者数の純増でトップでした。

ということで、auの直近1年間の地域別純増数を調べてみました。

image

関東地方が圧倒的に多く、次いで関西地方、中部となっています。
もともとの契約者数は、関東、関西、中部、九州の順番で多いです。

純増数では、地区別傾向が良く見えないので、純増数/契約者数で比率を見てみます。

image

3月は突出して多いですが、概ねどの地域でも契約者数の0.5%程度の増加となっています。
これを上回っているのは、関東と関西だけです。

というわけで、純増数を狙うならば関東と関西に重点的に施策を講じればいいという結果になりました。
また、乞食にとっての山場はやはり2月末から3月ということが確認できました。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です