中国の新しいスパイの方法

携帯の普及とともに無線LANなども日常生活では一般的になっています。
無線LANでセキュリティがないものについての危険性は色々言われていましたが、中々ユニークな方法で攻撃されることが判明しました。

中国からロシアに輸入されたアイロンの中に、小さいマイクロフォンと呼ばれるスパイチップが発見されたそうです。
これはセキュリティで保護されていないWiFiを利用してPCに進入してウィルスを拡散するもので、半径200mまでその影響が及ぶそうです。

同じチップが中国製の携帯電話自動車のダッシュボードカメラからも発見されたそうです。
このチップは、企業のネットワークに侵入するために使用されていたそうです。(; ̄Д ̄)

まずは、セキュリティのかかっていないWiFiには接続しないことですね。

ニュース元はこちらです。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です