iPhone5sはクラッシュしやすい?

iPhone5sの大きな特徴として、64bitCPUの導入があります。
が、どうやらサードパーティとの相性が悪いようです。

例えば、iPhone5cはほぼiPhone5と同じハードを持っています。
そのiPhone5cのクラッシュ率は、1%でした。
が、同じアプリをiPhone5sで動かすと、クラッシュ率は2%に上がります。

この原因は、iPhone5sのハードに原因があると考えられています。
サードパーティは、iOS7では十分にテストが出来たのですが、
新しいハードウェアのiPhone5sの入手が難しかったために、
十分チェックできなかったそうです。

アップルもこの問題を認識していて、iOSのアップデートで対応している
そうです。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です